チャイルド・ケモ・ハウス

投稿日:2013年3月30日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

神戸のポートアイランドに、チャイルド・ケモ・ハウスが竣工しました。
国内初、小児がんの子どもと家族が滞在しながら治療が受けられる施設です。
一般の病室とは全く異なる、“おうち”のような環境で過ごすことができます。

「夢の病院」をつくろうプロジェクト、
だんだんリアルになり、ついに実現にいたりました。

建設費や設備費などが主に寄付で賄われていますが、
これからの施設運営面でも寄付が命綱です。
どうか、今後ともさらなる応援をお願いいたします!

チャイルド・ケモ・ハウス→チャイルド・ケモ・ハウス
神戸新聞→http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201303/0005854827.shtml

引き出し

投稿日:2013年3月16日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

弁護士の仕事は、自分の身の回りの出来事と切り離せないなと
実感する今日この頃です。

商売人の家族をそばでみていて、疑問に思い、
今ならわかること、今ならもっとうまく解決できたと思うことはたくさんあります。
法律相談時に、それが役立っている、と感じる場面はとても多いです。

また、例えば、介護・福祉の問題。
成年後見などで関わってくる介護の問題は、
祖父母の日常生活で得た情報を活用しています。
障害者福祉の手続についても、同じく。

で、わからないところは、役所などにもどんどん聞いて。

仕事上の経験は、もちろん、仕事の幅を広げてくれるのですが、
日常生活での経験もどんどん活用していきたいと思います。

引き出しを増やし、引き出しの中身も充実させていきたいです。

こちらは、昨日頂いた土佐の文旦。
箱を開けると、フワっと、フレッシュな香りがしました。

 

そして、こちらは、「ハッピーターンズ」
行列ができているお店ですよね。
「フレーバーを食べ比べしなきゃもったいない」ってことで、
みんなで山分けいたしました!

質問のリスト

投稿日:2013年3月10日     カテゴリー: 法律相談

小島法律事務所の小島です。

ここのところ、週末の獣医さん通いを続けています。
家にいる小太郎(13歳、ラブラドール)が、ずっと、
のどに物がつっかえたようなそぶりをしていたのですが、
それが「咳」だとわかり、お薬をもらって治療中です。

さらに、しっぽの先をけがしてしまったようで、
夜、家に帰ったら、壁の低い位置にぐるっと血が飛び散っていて、
相当あせりました(汗)。

しばらく様子を見ていたのですが、しっぽをずっと振っている犬なので
(それはそれで愛嬌があります)、
壁にあたるため一向に治らず(したがって、ずっと壁の拭き掃除をしている状態です)、
長期化するとよくないとのことで、包帯治療中です。

で、獣医さんに行くまでには、普段ちょっと疑問に思っていることにつき、
これ聞こう、あれ聞こう、といろいろ考えているのですが、
獣医さんからの話を聞き終わったころにはすっかり忘れており、
帰って気づく始末。

同じことが法律相談でもよくあるのかなと思います。

お客様の中には、経過をまとめたもののほか、
質問を箇条書きで書いてお持ちになる方も多く、
あとで「これも聞いとけばよかった」という事態を避けるのに、有効かもしれません。

先日、とても春らしい上菓子をいただきました。
みんなでゆっくりお茶をたてて、とはいきませんでしたが、
おいしく頂きました。

こちらは、メープルや抹茶のソースをかけて頂くプリン。
とろけました。