初めてづくし

投稿日:2016年6月12日     カテゴリー: こじまの日常

いつの間にか蒸し暑さが出てきましたね(梅雨入りしてたの知らなかったです・・・)。
バタバタバタバタしつつ、がんばっております。
足の小指の方は、なんとか落ち着いてきまして、痛みを感じずに歩けるようになりました!
 

ここのところ、“初めて”のものが多かったのでご報告。
まずは、初・アサイーボウル。

“女子力の高い人”が食べる朝食ですよね!
想像していたのとはちょっと違いましたが、バナナ好きにはうれしいメニューでした。

次は、初コブサラダ。
お昼にベーグルサンドを食べに行き、イザ具を注文するときに悩み、メニュー表の一番上に載っていたのが「コブサラダ」。
私の頭の中の翻訳は、コブ→こんぶ→昆布???
和風なのか、いやいや、ベーグルサンドの具やしそんな筈はないと葛藤していたら、見事に違いました(笑)
ソースはトマト系で、具だくさん。

ウィキペディアによると、ロバート・H・コブさんが考案したサラダ。
ごちゃ混ぜした感じで美味しかったです。
これはリピート決定。

 

次は「かめせん」 あまからめんたい味

亀の甲羅みたいな形のあげせん。
関西のぼんちあげ(関東の歌舞伎あげ?)に明太子風味が入っているのかなと思いましたが、また違う「あまから味」でした。

 

奈良県立美術館の「藤城清治 光のメルヘン展」

私は美的感覚が乏しく、絵が下手なこともあり、自ら展覧会に出かけたのは人生初かもしれない。
この方の影絵はもちろん見たことがあって、コビトや猫の大きな目が大好きでした。
展覧会の公式HPはこちら
奈良県立美術館は奈良地裁のごく近くなので、出かけることを決意しました(大げさ)。

9時開場を目指していったら、なんと一人目でした。
初めてなもので気合い入りすぎ、初の「開場待ち」(笑)
そのおかげでゆったり回ることができました。
隣の裁判所で裁判の期日が入っていたので、途中からそれを気にしながらになり、それをちょっと後悔するほど。
ほんと何もしらないまま(90歳を超えておられることすら知らなくて)行きましたが、今の私にとって貴重な、すばらしい時間を過ごせました。