夜の大阪城

投稿日:2017年1月15日     カテゴリー: こじまの日常

これまで関わった依頼者のかたから、年賀状で近況を教えてもらえるのが年始の楽しみ。お子さん達も大きくなって、時の流れを感じます。
・・・などとしみじみしながら、ぼちぼちと通常モードに復帰しようと思っていたのですが、そんな甘えは許されず、あっという間の2週間でした。
そんな中、なんですかこの寒さは。
昨晩は寒すぎたのか、くしゃみが止まらず、仕方なく起きる事態に。

さて、年始のとある会の会場は大阪城西の丸庭園 大阪迎賓館。
大阪城は家庭裁判所やNHK大阪の目の前ですし、友達を案内することもあるので、よく知っているつもりでしたが、それは昼間の大阪城。
夜にお堀の内へ入っていくのは初めてだったようです。
夜の大手門、なんともいえず幻想的でした。

しかし、門の中に入るとさらに真っ暗で、「まじ、ここでええの???」と独り言が出てしまう。不安が大きくなり始めたところで、迎賓館の方が声を掛けてくださいました。庭園内は迎賓館の利用者のみ入れるようで、「こちらから入って、まっすぐ進んで下さい」と方向が示されて安心しました。
ずんずんと庭園内を進んでいきますと、照らされた大阪城がどかんと見えてきます。

あかるすぎて、写真もこんな感じに。 

私は一人でかなり怖かったですが、ジョギングもさかんですよね。
離れて見る大阪城の夜景は素敵ですが、夜の本丸を近くで見てみるのもお勧めです。

 

今年もよろしくお願いいたします!

投稿日:2017年1月04日     カテゴリー: こじまの日常
あけましておめでとうございます。
事務所は明日5日から業務を開始いたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
昨年の特に後半は、仕事が山積みで、時折、いっぱいいっぱいに感じることもありましたが、体調を崩さなかったのが、本当に何よりでした。
ただ、年々、わかりやす~く無理がきかなくなり、歳を感じます(笑)
そういえば、1年を通じて、ヨーグルトにはまりました。甘い物より、ひたすらヨーグルト、みたいな。
体調を崩さなかったのはこれのお陰かなとも思っています。
 
また、そういうバタバタの中で、ひたすらメモ魔になるよう心がけました。
・仕事が重なり、どうしても頭が混乱してくるので、とにかく「忘れない」ため
・記録すれば安心。外部に出して「忘れる」ため
二つのメリットを感じているのですが、とにかく「メモ」、これだけなのに、なかなか難しいなと思う日々。
今年も続けていきたいです。
 
そして、元旦には、「特集・バラエティー生活笑百科」が放送されました。
第一部終了後、「一人旅」に出まして、祇園花月での吉本新喜劇に登場させて頂きました。
舞台のどっちから出て、引けばいいのか、どこに立てばいいのか・・・分からないことばかりであたふたし、大変でした。
台本にはないやりとりが加わったりして、いや~、あのときの緊張感、ハンパなかったです。
生活笑百科への出演は11年目なのですが、11年前の初回と同レベルのドキドキ感でした。
 
しかし・・・あの吉本新喜劇の舞台にど素人の私が立たせてもらうなんて。
「吉本新喜劇大好き」を言い続けてきたこともきっかけだと思うのですが、人生、何が起こるかわかりません。ほんまに。
 
去年の目標(小さいことばっかりですけど)は、なんとか達成できたので、今年もがんばります。
健康第一で。
今年もよろしくお願いいたします!