会いたい人

投稿日:2014年5月08日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

GWもあっという間に過ぎてしまいました。

2年前のGW中に亡くなった祖母は、私にとって母的な存在でした。明るく超ポジティブな人で、私が弱音を吐いてもそれに同調せず、弱音を吹き飛ばす元気を与えてくれました。祖母と話をしていると、つい「しんどくて、ナンボ」「憂鬱で当たり前」と、前向きに納得してしまうのでした。最近いろいろありますので、祖母と話ができたら元気になれるのになあ、としみじみ思います。会いたいです。

祖母の義姉や妹といったいわゆる「おばちゃん」たちは、今でもたいそう私を心配してくれます。祖母自身がおばちゃんたちに真心をもって接してきたおかげであろうと、有難く思います。おばちゃんにもらう“おつけもん”やお総菜は、ちょっと甘口。祖母と同じ味がして、懐かしいです。

さて、休み中の楽しみといえば、朝食のクロワッサンサンド。これ、大好物です。

ベーコンもいいですが、やっぱりローストビーフが合うと思います。コスパはよろしくないので、たま~の楽しみです。

公証役場

投稿日:2014年5月02日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

GW後半はお天気に恵まれそうです。今日も暑いくらいですね。

4月は公正証書の作成がいくつかありましたが、公証人からご提案もいただいて、よりよい内容のものができたと思います。離婚協議書とか遺言書など、公正証書を作る場面は少なくありません。
大阪には11の公証役場がありますが、弁護士がそれぞれに“なじみの公証役場”(?)を持っているのでしょうか。私の場合は、事務所からのアクセスだけではなく、急いでいるときに対応していただけるととても有りがたく、そういうことがあると、次もそちらの公証人にお願いしようと思ってしまうのですが。

そういえば、公証役場には、ねっとりした練り朱肉があって、それを使います。容器も大きいものが多いので(直径10センチほどあったり)、普段のスポンジタイプとは感覚が違います。

さて、先日差入れでいただいたケーキ・・・ボリュームたっぷりでした。

犬派・猫派

投稿日:2014年4月22日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

昔からわりと「感動しい」なのですが(きっと大阪弁ですよね。要は、涙もろいんです)、ここ数年、拍車がかかっています。映画やテレビドラマは当然、本を読んでも、歌を聴いても、感動して泣いちゃいます。
「泣く」のはストレス解消的には悪くないと聞きますが、そのうち、アイススケートの織田さんのレベルまで行ってしまうのではないかとちょっと心配。

私は、寝る前に、少しだけ本を読むのが日課なのですが、「泣く系」の本の「ここぞ」というあたりに近づくと、自分でも警戒して、平日の夜に読むのは避けるようにしています(翌朝、目が腫れてやっかいなことになるから)。
というわけで、週末は、取り置きしておいた部分をイッキ読みして、涙することが多いです。

先週末は、「旅猫リポート」(有川浩さん)を読み、号泣。ちなみに、タイトルどおり、猫が旅のリポートを(どっちかというとお気楽な感じで)するんだろうなと思ったら、この上なく「泣く系」の話でした。
あと、犬派の私ですが、猫好きな方の「好きポイント」が少し分かった気がします。