タートルネックと美術の授業

投稿日:2014年2月22日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

今週も寒い日が続きましたね。1週間、ジャケットの下はほぼタートルネックでした。首元が暖かいと随分違います。

タートルネックを着て思い出すのが、中学校のときの美術の授業。私、本当に絵を描くのが苦手で、テレビで、タレントさんが即興で描いた絵が酷評されてると、自分が言われてるみたいに胸がキューっと痛くなります(笑)。

美術の課題で「自画像」というのがあり、私なりに、なんとか描いてみたのですが、先生から、「首がおかしい」、しかも、「お前はこんなに自分の首が細くて長いと思ってるんか」的なことを 言われ、ものすごく落ち込みました。いやいや、そりゃ私の首はイケてないけど、単に絵が下手なだけなのに・・・(笑)。
それ以来、絵を描くことは、私の中では「絶対ナイ」ものになりましたが、タートルネックで首を隠すとふと思い出す、つらい記憶です・・・。

さて、
同じエリアで働く高校の同級生との、誕生日にかこつけた年2回のランチ会が恒例になりつつあります。久しぶりに会う同窓会とはちがって、昔話で終わらず、もっぱら最近の近況報告なのも楽しみ。今回も、彼女はビックリするような新しいことを始めてました。「世界を広げようと思って」だそう。やるなぁ。

 

バースディランチの定番は、彼女の職場と私の職場の中間地点のレストラン。駅からも結構歩かないといけないのですが、いつも、女性客でいっぱいなのがすごい。

 

費用対効果

投稿日:2014年2月15日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。
昨日からの大雪、私自身は予定変更などは免れましたが、移動などがあると本当に気をもみますね。

先日とある説明の場で言われて気付いたのですが、私はいろいろな場面で「費用 対 効果」を重視して話をしている、らしいです。
費用にみあう効果が得られるかが微妙なときは、ここを詳しくお話をするようにしていますが、確かに、何かを判断するとき、私にとっては重要な要素になっています。
もっとも、「費用 対 効果」が芳しくなくても、それを上回る必要性とかメリットがある場面は結構多いです。ただ、後々に、後悔などがないように、事前に「費用 対 効果」を考えておくことは大事じゃないかと・・・・。
でも、強調し過ぎると、なんだかケチくさいかも(笑)

ひなまつりパッケージのお菓子をいただきました。

左には、ひなあられなどが入っていて、

右側を開けてビックリ。飛び出すひな人形でした!
ひなまつりまで、事務所に飾らせていただきます。

マニュアルの浸透

投稿日:2014年2月10日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

週末は「病院における危機管理セミナー」。司会をしながら、勉強させていただきました。
13時30分~17時まで、3本立ての充実した内容でした。災害対策としての危機管理と、院内事故対策としての危機管理の双方をお話しいただく企画です。

マニュアル作りにとどまらず、マニュアルの内容を「人」に浸透させるという2つ目の段階が重要、かつ、相当難しい課題と思われますが、この点を、それぞれの危機場面における具体的な事例で学びました。

この日は関東は大雪、関西でも雪が積もりました。セミナーから帰り道、家の近所には雪だるまがいくつも並んでいました。思わず二度見してしまったのが、この方。
小さいのにかなりの存在感。目鼻のバランスがめちゃカワイかったです。