南京町と京終

投稿日:2014年3月16日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

異動をお知らせいただく時期になりました。新年度に向けての契約書チェックもどんどん届いて、年度末を実感します。

少し前になりましたが、「南京町」の商標紛争についての判決がニュースで取り上げられていました。南京町商店街振興組合が特徴的な字体による「南京町」の商標権を有しているところ、「南京町冷麺」等の標章が、これを侵害するかどうかが争われた裁判で、判決は組合の請求を棄却しました。

「南京町」は中国人街や神戸の中華街を示す一般名称となっており、組合側の商標は、あくまで、特徴的な字体をもつ外観全体を一体としてみた場合にのみ「出所識別標識」として機能する、これに対して、被告側の標準的な字体の「南京町冷麺」等は、組合側の特徴的な字体(ロゴ)を想起、感得させるようなデザインがされていない、したがって、一般消費者は、被告商品の出所が組合であると誤解したり、混同したりするおそれはないから、商標権の侵害は認められないと判断されました。

判決内容とは全く次元が違いますが、「南京町」で、思い出したこと。
「南京町」(なんきんまち)といえば神戸の中華街ですが、以前、車で奈良の「南京終町」というところを通った際、なんて読むんだろう・・・「なんきんおわりまち???」と思っていると、交差点か何かの表記は、まさかの「みなみきょうばてちょう」でした。京終(きょうばて)という駅名は知ってたのに!

春はイチゴ。
ちょっと練乳があるとうれしいのですが、チューブのだとほとんど余ってしまいます。
今年は、コーヒーフレッシュみたいな練乳を見つけました。ずっと、「あるとイイのに」と思っていたのですが、とっくにあったのかも。

“8”という数字

投稿日:2014年3月06日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

新年度から消費税がアップするので、契約書チェックの場面で悩みの多い、今日この頃です。
そういえば、5%から8%にアップして何が困るかって、とにかく、暗算がとてもしづらいです。聞いてみたところ、苦戦しているのは私だけじゃないようですが、“8”という数字に慣れたころには、また消費税アップの時期になってるかも。

こちら、先日いただいたBABBIのウェハース。
小さい頃から、ウェハースが好きです。

このBABBIのウェハースはピスタチオ味があって、たまりません!

小さい頃から、ウェハースが大好きです。最近はスーパーでもローカーのウェハースが気軽に買えることを知り、かなりの確率で机の中に入っています。

そういえば、ウェハースとは食感は違いますが、大学時代、スキーサークルに属していた友人は、冬のあいだ中ずっと山ごもりをしていて、帰りに「雷鳥の里」というお菓子を買ってきてくれるのが楽しみでした。

14歳です。

投稿日:2014年3月01日     カテゴリー: 小太郎のこと

小島法律事務所の小島です。

3月に入りました。今冬、未だに風邪をひいておりません!地道にうがい・手洗いを心がけたのがよかったのか???なんとか、このまま元気に春を迎えたいです。

さて、我が家の小太郎は先月で14歳を迎えました。おめでとう!

 

さつまいも、にんじん、ブロッコリーとパンで、私なりに“ケーキ”風にしたごはんも、例によってイッキに完食してしまいました。

最近は、背骨が大きく曲がり始め、床に置いたボウルのフードを食べながらえづくので、台つきのボウルを購入しました。小太郎にはイイ感じです。

欠けたりしているので、買い換えたいなと思いながら、結局これより気に入ったものが見つからず、使い続けたボウル。ものすごく愛着がありますが、お別れです。