費用対効果

投稿日:2014年2月15日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。
昨日からの大雪、私自身は予定変更などは免れましたが、移動などがあると本当に気をもみますね。

先日とある説明の場で言われて気付いたのですが、私はいろいろな場面で「費用 対 効果」を重視して話をしている、らしいです。
費用にみあう効果が得られるかが微妙なときは、ここを詳しくお話をするようにしていますが、確かに、何かを判断するとき、私にとっては重要な要素になっています。
もっとも、「費用 対 効果」が芳しくなくても、それを上回る必要性とかメリットがある場面は結構多いです。ただ、後々に、後悔などがないように、事前に「費用 対 効果」を考えておくことは大事じゃないかと・・・・。
でも、強調し過ぎると、なんだかケチくさいかも(笑)

ひなまつりパッケージのお菓子をいただきました。

左には、ひなあられなどが入っていて、

右側を開けてビックリ。飛び出すひな人形でした!
ひなまつりまで、事務所に飾らせていただきます。

マニュアルの浸透

投稿日:2014年2月10日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

週末は「病院における危機管理セミナー」。司会をしながら、勉強させていただきました。
13時30分~17時まで、3本立ての充実した内容でした。災害対策としての危機管理と、院内事故対策としての危機管理の双方をお話しいただく企画です。

マニュアル作りにとどまらず、マニュアルの内容を「人」に浸透させるという2つ目の段階が重要、かつ、相当難しい課題と思われますが、この点を、それぞれの危機場面における具体的な事例で学びました。

この日は関東は大雪、関西でも雪が積もりました。セミナーから帰り道、家の近所には雪だるまがいくつも並んでいました。思わず二度見してしまったのが、この方。
小さいのにかなりの存在感。目鼻のバランスがめちゃカワイかったです。

三日月と関西学院

投稿日:2014年2月07日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

寒いです。新聞の週間予報で最高気温を見ると、まだ当分、かなり低そうなので覚悟して外回りしなければ。

昨日は、母校(関西学院)の学生さんが、新入生向けに配布予定の媒体のインタビューに来られました。そのイマドキ男子学生は2回生で、20歳だそうです・・・・・・自分が、2倍を超える年齢になってしまっていることに、まず、揺さぶられました(笑)

今の学生生活の話もお聞きして、取り組んでいることがあまりに多くて「大変やねぇ」という言葉が出てしまったのですが、反面、充実ぶりがまぶしくもありました。

OBOGインタビューといえば、おきまりの質問。「なぜ関西学院に入学されたのですか?」について、私の答えは常にコレ。「関西学院に一目惚れしたからです」

確か、高校1年生だったと思います。私があまりに大学入試に興味を示さないことを心配した関学OBの方が、キャンパスに連れてきて下さったのですが、正門を入ってすぐに広がる、時計台と芝生のコントラストに、一瞬にして恋に落ちた、というわけです。
このとき、連れて行ってくださったのが別の大学だったら・・・? あるいは、大学のキャンパスを訪問する機会がなかったら。。。その後、どんな人生を送っていたのだろう?

そのとき、KGグッズをいくつか買ってくださったのですが、その中に、「関西学院100周年テレフォンカード」があり、使うことなく、今でも大事に持っています(KGTシャツには穴があき、KGマグカップは割れてしまったので、サヨナラしました)。
関西学院は今年125周年なので、四半世紀が過ぎたことにも、また揺さぶられます(笑)

 

関西学院といえば、黄色の三日月マーク。
夜空を見上げて三日月があれば、「あ、今日はKGや」とつぶやいてしまいます。
エスカレートしそうな「関学愛」に、若干不安な今日のこのごろです。

私が惚れ込んだキャンパスが、さらにステキに表現されているサイトです。
http://www.kwangaku.net/shiki/index.html