裁判所の夏

投稿日:2013年7月23日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

学校は夏休みに入ったようで、
電車内の雰囲気も少し違いますね。

7月中旬~8月中旬、裁判所に夏季休廷期間があります。
既に係属中の案件については、
休廷期間前に期日が入るか、後になるかで、1ヶ月の差があるので、
なんとか休廷期間前に期日をいれるべく、7月はバタバタする時期です。
しかし、裁判所はもっとお忙しいことでしょう。

そういえば、
裁判所内の自販機で飲み物を買うことがありますが、少しお安くなってます。
小さいサイズのペットボトルのお茶だと90円だったと思います。

さて、先日いただいたこちらは、チョココーティングされたオレンジピール。
ブラックコーヒーに合う(・・・と思う)ので、大好きです。
 

こちらは、マスカラ。
NYのお土産だそうです。こちらも、スタッフ全員分!ありがとうございます。
限定版のパッケージが、カワイイです。
しかも、、、ハリウッド女優的なまつげになるらしい、、、です。

 

感謝!

投稿日:2013年7月12日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

先週末は誕生日がありまして、お祝いの言葉をたくさんいただき、
さらに、お花を頂いたりもして…、心よりお礼申し上げます。

この1週間は、本当に暑くて、夏ばて気味ですが、
青色のお花を見ては、クールダウンし、
黄色のお花を見ては、元気を取り戻しています。

ありがとうございました!

チャイルド・ケモ・ハウスです!

投稿日:2013年7月04日     カテゴリー: こじまの日常

小島法律事務所の小島です。

先週は、神戸のポートアイランドにあるチャイルド・ケモ・ハウスで会議。
完成した内部を見学してきました。

チャイルド・ケモ・ハウス→http://www.kemohouse.jp/

「チャイルド・ケモ・ハウス」とは、
小児がん治療中の子どもたちと、その家族のQOL(Quality Of Life-生活の質)に配慮した
日本で初めての専門治療施設です。

通常の病院の病室と対照的に、自分の家のような環境で家族が共に暮らしながら、
小児がん患者が安心して化学療法(抗がん剤治療)を受けることができます。

チャイルド・ケモ・ハウスは、建築家の手塚貴晴手塚由比ご夫妻が手がけられています。

こちらが、入り口のサインです。

 

敷地にはグリーンがたくさんあり、各部屋からも木々が楽しめます。
そのぶん、お手入れが大変なのだとか・・・。

建物内は白色ベース。
各ハウスは清潔でオシャレなのに、落ち着きます。

キッチン、お風呂も各部屋にあり、まさに家と同じ環境で
家族全員が過ごすことができます。
各部屋には外部から直接入れるドアが設けられ、
お父さんの仕事帰りが遅くなっても、他の方に気を遣うことなく部屋に入れます。
大きなお部屋では、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に過ごせます。

 

取材に来られた記者のみなさんがよく撮影されるというのがこのお部屋。
確かに、全体の雰囲気が一番分かる写真になりました。

建物の各所には天窓がもうけられており、自然光が入ります。
天窓の下にはソファがおかれ、人々が集う場になります。

また、隣接してクリニックがあります。

チャイルド・ケモ・ハウスはみなさまからの支援に支えられています。
より多くの方に知っていただきたいです。