契約書

契約は、原則として、意思と意思の合致で成立します。つまり、日常的に取り扱う多くの契約は、契約書がなくても成立するのです。
では、わざわざ契約書を作るのはどのような場合でしょうか。
契約書の意義から考えてみましょう。

顧問契約のメリット

1. すぐに相談できること
2. トラブルの予防になること。
3. 会社の業務内容等の把握ができること
4. 危機時に即時に対応できること
5. 法律事務所の持つネットワークを利用できること
6. 従業員からの法律相談も可能なこと
1. すぐに相談できること

当事務所では、一般の法律相談は面談制となっており、事前予約の上、事務所にお越し頂くことになりますが、顧問契約があれば、電話やメールで随時ご相談いただくことができます。

すべてのクライアント企業様で、メールによる法律相談をご活用いただいています。
契約書をメールに添付した形でお受けする契約書チェックも可能です。

2. トラブルの予防

日常の法律相談や簡易な契約書チェックを顧問料の範囲で対応していますので、費用を気にすることなくご相談いただけます。

法的な助言により担当者の不安を解消することができて負担が軽減される上、取引先との適正な契約関係を導入することができ、トラブルを未然に防ぐことにもつながります。

3. 会社の業務内容等の把握ができること

通常、法律相談は時間制となっており、1回の法律相談で会社の業務内容を弁護士が全て理解できないこともあります。
これに対して顧問弁護士は、日常的に会社の法律問題にたずさわるため、会社の業務内容や方針を理解して、これに沿ったアドバイスをすることが可能となります。

4. 危機時に即時に対応できること

訴訟を提起されたり、製品事故や労災事故が発生したなどの緊急時であっても、ゼロからではなく、日常的に法律相談をお受けし、業務に関する情報を有する顧問弁護士があれば安心です。

5. 法律事務所の持つネットワークを利用できること

当事務所では、会計・税務のみならず多様な専門家や事業者との連携をはかっているため、そのネットワークを利用して、あらゆる課題や取り組みに対応することが可能です。

6. 従業員からの法律相談も可能なこと

当事務所では、従業員のみなさんからの法律相談も顧問契約の範囲内でお受けしています。
従業員のみなさんのプライベートな不安を解消することで、業務の円滑につながります。
※ただし、相談にあたり会社の同意を得ていること、会社の利益との対立がないこと、及び、会社からご一報をいただいたものに限ります。
※相談にとどまらず、案件のご依頼となる場合は別途費用が発生します。

個別に相談したい

法律顧問料

月額50,000円(税抜)~

できるだけ顧問弁護士を活用して頂くため、顧問料の範囲内で法律相談は何回でも無料、簡易な契約書作成やチェックにも対応しています。
訴訟や交渉を行う場合は別途着手金・報酬等が発生しますが、顧問契約にかんがみて、所定の金額よりも減額考慮させていただいています。

オプション

その他、顧問弁護士の活用場面についてはコチラをご覧下さい。

個別に相談したい

小島法律事務所はこんな法律事務所です。女性弁護士のみの法律事務所,家事事件を多く取り扱います,中小企業の企業法務を中心に取り扱います

小島法律事務所 南森町丸井ビル8階

〒530-0054
大阪市北区南森町1-3-27
南森町丸井ビル8階

谷町線・堺筋線:南森町駅 徒歩約1分,JR東西線:大阪天満宮駅 徒歩約3分

弁護士 小島幸保

小島幸保 写真

プロフィール

ブログ

弁護士 田路仁美

田路仁美 写真

プロフィール