損害賠償・慰謝料

「損害賠償」問題は代表的なトラブル類型です。「ケガをさせられた(させてしまった)」、「物を壊された(壊してしまった)」といった日常生活におけるトラブルから、商取引上の契約違反によって損害をこうむった(損害を与えた)といったものまで、損害賠償はさまざまな場面で登場する問題です。

損害賠償請求とは

損害賠償請求とは、“債務不履行”や“不法行為”などによって、損害が生じた場合に、その賠償を求めることです。

“債務不履行”とは、当事者間に契約関係があり、その契約に基づく義務に違反することを指します。“不法行為”とは、故意に、または不注意で人を傷つけたり、物を壊したり、権利を侵害したりすること(法令や社会通念により、注意義務が課されているときに、それに違反することも含む)を指します。

“損害”とは、広くは、その人(法人も含みます)の“不利益”のことを指しますが、賠償を受けることができる“損害”は、より限定的なものとなります。

債務不履行や不法行為と損害との間には「因果関係があること」が必要となり、行為者が予見できないような特別の損害については、行為者は原則として賠償責任を負わないとされています。
例えば、「個人情報が流出した」という場合、個人情報の流出を招いたことは不法行為に当たりますが、その個人情報が悪用されて現実的な損害が発生していないときなどは、慰謝料の請求ができるにとどまり、その額も大きな額にはならないのが実情です。

慰謝料請求

慰謝料とは、精神的損害(精神的苦痛。つらい気持ちを味わったことなど)を金銭で換算したものといえます。

慰謝料の額は、その被害(苦痛)の程度、加害行為の態様、両方の当事者の社会的地位や経済状況などを考慮して算定されます。

慰謝料の額に明確な基準はありません。交通事故のように、多くの裁判例が積み重ねられて目安が設けられている分野もありますが、それ以外の紛争の場合は、被害者と加害者が合意して決定するか、合意ができない場合は、裁判へと発展し、裁判官の判断によって決定されます。

「金銭以外で損害賠償を請求することはできますか?」

損害は原則として金銭で評価されます。つまり、ある物が壊れた場合、原状に回復させるのではなく、修理に必要な費用や壊れた当時の価格を賠償すればよいということです。

精神的苦痛も金銭で評価されます(慰謝料)。名誉棄損については、「謝罪広告」を求めるという金銭以外の損害回復方法がありますが、それ以外の、例えば、悔しい思いを償ってもらうため、土下座を法的に要求するといったことはできません。

過失相殺

行為者に故意または過失があると同時に、被害者にも過失がある場合は、その被害者の過失が考慮されて賠償額が減額されることがあります。交通事故では「過失割合」がよく問題となりますが、交通事故以外の場面でも同じような主張が交わされることもあります。

個別に相談したい

小島法律事務所はこんな法律事務所です。女性弁護士のみの法律事務所,家事事件を多く取り扱います,中小企業の企業法務を中心に取り扱います

小島法律事務所 南森町丸井ビル8階

〒530-0054
大阪市北区南森町1-3-27
南森町丸井ビル8階

谷町線・堺筋線:南森町駅 徒歩約1分,JR東西線:大阪天満宮駅 徒歩約3分

弁護士 小島幸保

小島幸保 写真

プロフィール

ブログ

弁護士 田路仁美

田路仁美 写真

プロフィール